一目均衡表

一目均衡表は、「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つの線から成り立っています。以下にそれぞれの線の意味を示します。

1)転換線
  当日を含む過去9日間の最高値と最安値の平均線
2)基準線
  当日を含む過去26日間の最高値と最安値の平均線
3)先行スパン1
  基準線と転換線の平均値を当日を含めて26日先行させた線
4)先行スパン2
  当日を含む過去52日間の最高値と最安値の平均を当日を含めて26日先行させた線
5)遅行スパン
  当日の終値を当日を含めて26日前に遅行させた線

●転換線と基準線と現在の株価でトレンドを知る
株価が上昇トレンドの時は上から、株価→転換線→基準線の順で並び、下落トレンドの時は上から、基準線→転換線→株価と並びます。それぞれの線の意味から、株価→転換線→基準線の順に動きが鈍くなっていくことが分かります。したがって上記のような株価と線の位置関係が成り立つのです。
転換線→基準線の順に動きが鈍くなることから、次のことも言えます。
株価が上昇トレンドに変わると、転換線が基準線を下から上に抜き、これを好転と呼びます。逆に下落トレンドに変わると、転換線が基準線を上から下に抜き、これを逆転と呼びます。
好転は株価上昇のサイン逆転は株価下落のサインとなります。しかし、株価の値動きが悪い持ち合いの時は、好転と逆転が頻繁に起こります。

●先行スパン1と先行スパン2と現在の株価でトレンドを知る
先行スパン1と先行スパン2の間は通常網掛けで表示されています。この網掛けの部分のことを、と呼びます。この雲の部分で、押し目や戻りを判断することができます。
株価が上昇トレンドの時は、株価は雲の上に位置しています。上昇トレンド中の押し目は雲で反発し、雲が下値支持線となります。押し目を狙うときは、この雲での反発を確認したときが買いのタイミングと言えます。
株価が下落トレンドの時は、株価は雲の下に位置しています。下落トレンド中に株価が上昇する時は雲で上昇が止まり再度下落し、雲が上値抵抗線となります。
上昇トレンドに変わるときは、株価が雲を下から上に、下落トレンドに変わるときは、株価が雲を上から下に抜けたときになります。

●遅行スパンと現在の株価でトレンドを知る
株価が上昇トレンドの時は、遅行スパンは株価の上に位置し、下落トレンドの時は、遅行スパンは株価の下に位置しています。これは、遅行スパンは当日の終値を当日を含めて26日前に遅行させた線という意味から説明できます。
株価が上昇トレンドに変わると、遅行スパンは株価を下から上に抜き、これを好転と呼びます。逆に下落トレンドに変わると、遅行スパンは株価を上から下に抜き、これを逆転と呼びます。


一目均衡表は、これらの線の他に、時間論、波動論、値幅観測論とありますが、当サイトでは割愛します。

次のページ

メニュー

サイトTOP
株式投資をはじめよう!!
株式投資の魅力
チャートで見る株の買い時
チャートで見る株の売り時
株価チャートの勉強をしよう!
RSIで見る株の高値圏と安値圏
証券会社に口座をつくろう!!
ネット銀行に口座をつくろう
ファンダメンタルとテクニカル
ボリンジャーバンド
├ 一目均衡表
パラボリック

〜賞金目指して!ちきちき株価ダービー!!〜

あなたのおすすめ銘柄で株価ダービーに参加してください!
月間MVPには賞金を進呈!!

「読者参加型」
かつ「読者還元型」のサイトです。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO